横浜FM、東京Vから渡辺皓太を完全移籍で獲得「Jリーグを代表するクラブでプレーできること、とてもわくわくしています」

横浜FM、東京Vから渡辺皓太を完全移籍で獲得「Jリーグを代表するクラブでプレーできること、とてもわくわくしています」

東京Vから横浜FMへの完全移籍を発表した渡辺皓太[写真]=Getty Images

 横浜F・マリノスは8日、東京ヴェルディに所属するMF渡辺皓太選手を完全移籍で獲得したと発表した。

 渡辺はジュニア時代の4歳から東京Vの育成組織で育ち、2016年には2種登録ながらJリーグデビューも飾っている。同年7月にリオデジャネイロ・オリンピックに出場するU-23日本代表のトレーニングパートナーに選出されると、2019年5月にはコパ・アメリカに臨む日本代表にも初選出されるなど、将来を期待される若手選手の一人。

 東京Vの公式サイトを通じて、「シーズン途中で移籍を決めたことを申し訳なく思っています。しかし、自分のサッカー人生の目標の中で将来を考え、夢へ進む一歩としてこの判断に至りました。自分の人生のほとんどをヴェルディで過ごし、ここまで育ててもらい、本当に感謝しています」と感謝の気持ちをつづった。

 一方、加入する横浜FMの公式サイトでは、「Jリーグを代表するクラブでプレーできること、とてもわくわくしています。チームのことを理解し、少しでも早くピッチに立って戦力となれるよう頑張ります」と決意を新たにしている。

関連記事(外部サイト)