イニエスタが語るプレミアリーグ 最もすごい選手は「あえて選ぶなら…」

イニエスタが語るプレミアリーグ 最もすごい選手は「あえて選ぶなら…」

イニエスタがプレミアリーグについて語った

 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、9日に開幕を迎えるプレミアリーグについて語った。

 まず、「好きなプレミアリーグのチーム」を問われたイニエスタは「一つに絞るのは難しいね。いい選手のいる素晴らしいチームがたくさんあるから」とコメント。「マンチェスター・C、リヴァプール、アーセナル、マンチェスター・U、チェルシー…それぞれに強みがある。どのチームにも光るものがあるよ」と続けた。

「最もすごいと思うプレミアリーグの選手は?」という質問には「いい選手は大勢いるけど、あえて選ぶならダビド・シルバかな」とスペイン代表で長年ともにプレーし、数々のタイトルを勝ち取った盟友の名前を挙げた。

 また、「もしもプレミアリーグに移籍していたとしたら、どのチームに所属していたと思うか?」という問いには「難しい質問だな……。僕自身にそういう可能性や選択肢がなかったから」と考えたこともなかった様子。それでも「もしプレーできていたとしたら、間違いなく最高のリーグ生活を堪能していたと思うよ」と笑顔で答えた。

 2019−20シーズンの優勝予想については「何が起こるか予想は立てにくいね。昨シーズンは最終節まで接戦が続いたし、プレミアリーグの複雑さを物語っていた。マンチェスター・Cが連覇できるかどうかってところかな」と述べた。

 最後に「イングランドのフットボールが特別な理由」を聞かれたイニエスタは、「何が特別かと言えば、全体的にチームやそれを構成する選手が醸し出す雰囲気かな」と回答。「プレミアリーグだけでなく、その他のディヴィジョンも含めてね。スタジアムだって満員になるし、努力や試合に裏打ちされた、周りがうらやむようなサッカー文化が確立されているんだ」とその理由を説明した。

関連記事(外部サイト)