マンU、ルカクの後釜をビルバオから“強奪”? 違約金支払いで期限内の獲得目指す

マンU、ルカクの後釜をビルバオから“強奪”? 違約金支払いで期限内の獲得目指す

ユナイテッドが獲得を目指すI・ウィリアムス [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uがアスレティック・ビルバオに所属するスペイン人FWイニャキ・ウィリアムスに関心を示しているようだ。5日、スペインメディア『El Chiringuito』が報じた。

 ベルギー代表FWロメル・ルカクのインテル移籍が秒読み段階に入ったマンチェスター・Uは、同選手の後釜確保を目指している模様。プレミアリーグにおける選手獲得期限が目前に迫る中、ビルバオで活躍を見せるI・ウィリアムスをリストアップした模様だ。

 速さと強さを兼ね備える25歳のI・ウィリアムスは、2014−15シーズン中盤からビルバオのトップチームで出場。当初はウィンガー起用がメインだったが、昨シーズンから本格的にセンターフォワードで起用されるようになった。

 これまでにビルバオで204試合に出場して49得点27アシストを記録しているI・ウィリアムスは、昨年1月にクラブとの契約を2025年まで延長。契約には8800万ユーロ(約104億円)の違約金が含まれているため、マンチェスター・Uは違約金の支払いによって駆け込みでの移籍成立を図るようだ。

関連記事(外部サイト)