エヴァートン、マンUのDFロホと交渉中か…指揮官が獲得を希望

エヴァートン、マンUのDFロホと交渉中か…指揮官が獲得を希望

マンチェスター・Uに所属するロホの獲得をエヴァートンが検討か [写真]= Getty Images

 エヴァートンは、マンチェスター・Uに所属するアルゼンチン代表DFマルコス・ロホの獲得を狙っているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8日に伝えている。

 エヴァートンはチェルシーから1年間のレンタル移籍で加入していたフランス代表DFクル・ズマの完全移籍を希望していたが、同選手はチェルシーに復帰。また、マンチェスター・Uに所属するイングランド代表DFクリス・スモーリングの獲得を目指していたが、同クラブに拒否されていた。

 そこで、守備陣の強化を目指すエヴァートンはロホに白羽の矢を立てた模様。同クラブを率いるマルコ・シウバ監督もロホの獲得を希望しているという。

 ロホとマンチェスター・Uの契約は、あと2年残っている。しかし、DF史上最高額の移籍金でレスターからイングランド代表DFハリー・マグワイアが加入したため、ロホはチーム内での序列を落とす可能性があるという。

関連記事(外部サイト)