結局プレミア行きは実現せず…バルサ監督はコウチーニョを信頼「頼りにしている」

結局プレミア行きは実現せず…バルサ監督はコウチーニョを信頼「頼りにしている」

プレミアリーグの多くのクラブへの移籍の噂があったコウチーニョ [写真]=Getty Images

 プレミアリーグの移籍市場は8日に閉幕し、トッテナム行きが報じられてきたバルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの交渉は、結局まとまらなかった。同日、アメリカのスポーツ専門チャンネル『ESPN』が報じている。

 アントワーヌ・グリーズマンの到来などもあり、コウチーニョのバルセロナでの立ち位置は昨シーズンより危ういものとなっている。そこでクラブは、多くの売却利益が見込める英国方面へコウチーニョを移籍させることを望んでいた。

 しかし、結局有力な移籍先と目されていたトッテナムとの交渉は決裂。古巣のリヴァプールは、ユルゲン・クロップ監督が「(資金面で)再契約する余裕がない」と語ったこともあり交渉の扉は開かれず。アーセナルやマンチェスター・Uへの移籍も「噂レベル」にとどまっていた。

 現在はアメリカツアーを行っているバルセロナ。7日に行われたナポリ戦後、エルネスト・バルベルデ監督は報道陣にこう語った。

「もちろん、私たちはコウチーニョを頼りにしているよ。何が起こるかは分からないが、彼は私たちと一緒にいる。ナポリ戦でコウチーニョがプレーすることはなかったが、それはアルトゥールやアルトゥーロ・ビダルと同様に、2回しかチームでのトレーニングを行っていないからだ。少しずつ、彼らを慣らしていくつもりだよ」

 コウチーニョには、まだ移籍市場が開かれているイタリアやドイツ、フランス方面への移籍の可能性も残されているが……。バルセロナ残留も含め、今後も様々な情報が錯綜することは間違いなさそうだ。

関連記事(外部サイト)