ウルヴスMFアダマ、EL予選でメンバー外に…理由はパスポート忘れ?

ウルヴスMFアダマ、EL予選でメンバー外に…理由はパスポート忘れ?

EL予選3回戦のピュニク戦を欠場したアダマ [写真]=Getty Images

 8日、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズのヌーノ・エスピリト・サント監督が、ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦ファーストレグのピュニク(アルメニア)戦後に、スペイン人MFアダマ・トラオレが試合のメンバー外になった意外な理由を明かした。8日、イギリス紙『テレグラフ』が伝えている。

 本拠地から片道で約1万km離れたアルメニアの首都エレバンまでの長旅を経て、アウェイのウルヴァーハンプトンはメキシコ代表FWラウル・ヒメネスの2得点などでピュニクに4−0と完勝。しかし、U23チームのイングランド人MFマックス・キルマンらがベンチ入りした一方で、アダマはこの試合のメンバーから外れていた。

 ヌーノ監督は試合後の記者会見でその理由を説明。同監督は、「彼(=アダマ)はパスポートのことで問題を抱えていた。彼はIDカードなしには渡航ができないことを知らなかったんだ。だから、彼は私たちと遠征しなかった。次の試合には彼は私たち(のスカッド)に加わるはずさ」と語り、アダマ離脱の理由はケガなどではなく本人のミスだったと明かした。

 ウルヴァーハンプトンは11日にプレミアリーグの開幕節でレスターと対戦。その後、15日にホームでピュニクとのEL予選3回戦セカンドレグを迎える。

関連記事(外部サイト)