クロップ監督、開幕戦を前にチームを鼓舞「アンフィールドにしか作れない雰囲気を…」

クロップ監督、開幕戦を前にチームを鼓舞「アンフィールドにしか作れない雰囲気を…」

開幕節で昇格組ノリッジと対戦するリヴァプールのクロップ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、9日に行われるプレミアリーグ開幕節ノリッジ戦についてコメントした。8日、イギリス紙『Liverpool Echo』が伝えている。

 2018−19シーズンのプレミアリーグは、マンチェスター・Cに一歩及ばず、勝ち点「97」で2位に終わったリヴァプール。新シーズンこそは30年ぶり19回目のトップリーグ優勝を目指す上で、昇格組ノリッジとの開幕戦は絶対に落とせない。

 そんな中、記者会見に臨んだクロップ監督。まずは、「ノリッジにとってチャンピオンシップ(英2部)での優勝は自信を持つ理由になるよね。(ノリッジは)明確な組織、明確なプラン、そしてささやかな自信を試合に持ちこんでいて、そのすべてが機能的に働いている。だから彼らのことはとてもリスペクトしているよ」と語り、組織力を売りにするノリッジを称賛した。

 そして、同監督は開幕節をホームのアンフィールドで迎えることにも言及し、次のように語った。

「最後にアンフィールドでプレーしてからしばらく経ったことで、私たちがフットボールに集中できる環境が整った。ファンは私たちを待っていて、私たちはファンを待っている。“ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン”による歓迎は、大歓声で感動的なものになるはずさ」

「だけど、最初のホイッスルが吹かれたら、シーズンと試合に入らなければならない。私たちはみんな、気を抜かずに構えているよ」

「私も同じようにサポーターの1人だ。シーズンが始まることで、私たちは100%の力を発揮して、アンフィールドにしか作れない雰囲気を作らなければならない。対戦相手の名前について考えてはいけないし、私たちは再び(頂上に)行く準備ができていることを見せなければならないよ」

 14日にUEFAスーパーカップのチェルシー戦を控えている関係で、ライバルよりも一足早くリーグ戦の幕が上がるリヴァプール。ノリッジ戦は日本時間10日の4時にキックオフを迎える。

関連記事(外部サイト)