新天地決定の香川、SNSで意気込み「1部に戻るため、皆で戦いましょう」

レアル・サラゴサ移籍の香川真司がSNSで意気込み 同リーグには柴崎岳、岡崎慎司も

記事まとめ

  • 香川真司がセグンダ・ディビシオン(スペイン2部リーグ)のレアル・サラゴサへ移籍
  • 香川はSNSを更新し「1部リーグに戻るため、皆で戦いましょう」とスペイン語で綴った
  • セグンダ・ディビシオンではMF柴崎岳、FW岡崎慎司もプレーすることが決定している

新天地決定の香川、SNSで意気込み「1部に戻るため、皆で戦いましょう」

新天地決定の香川、SNSで意気込み「1部に戻るため、皆で戦いましょう」

意気込みを語った香川 [写真]=レアル・サラゴサの公式ツイッターより

 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部リーグ)のレアル・サラゴサへ移籍加入することが発表されたMF香川真司が、自身のSNSで意気込みを語った。

 今プレシーズンではドルトムントで実質構想外となっており、新天地を探していた香川。以前からスペインでのプレー願望を明かしており、ベティスやセルタなどからの関心も報じられていたが、最終的にレアル・サラゴサへの加入が決定していた。

 香川は9日、自身のSNSを更新。レアル・サラゴサのユニフォームを身にまとった写真とともに、「レアル・サラゴサに加入することができてとても幸せです。1部リーグに戻るため、皆で戦いましょう」とスペイン語でファン・サポーターへメッセージを送った。

 なお、今シーズンのセグンダ・ディビシオンではデポルティーボに所属するMF柴崎岳、マラガ所属のFW岡崎慎司もプレーすることが既に決定している。

関連記事(外部サイト)