新“7番”アザール、レアルでの初ゴールに「この瞬間を待っていた」

新“7番”アザール、レアルでの初ゴールに「この瞬間を待っていた」

レアル・マドリードのエデン・アザール [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが移籍後初ゴールについてコメントを残した。スペイン紙『マルカ』が9日に報じている。

 レアル・マドリードは8日にザルツブルクと対戦。前半19分にドリブルで中に切り込んだアザールがミドルシュートでゴールを決め、レアル・マドリードは1−0で勝利を収めた。

 9日、クラブは新シーズンの背番号を発表。新加入のアザールはこれまで背番号に「7」番や「23」番、「50」番が噂されていたが、遂に背番号「7」に正式決定し、ファンの期待がかかる。

 ザルツブルク戦では背番号「50」で出場したアザールは、レアル・マドリードでの初ゴールを次のように振り返った。

「幸せな気分だよ。親善試合だったけど、セルタとの開幕戦に向けた良い準備になった。プレシーズンだと分かっているけど、ゴールは自信につながるよ」

「フィールドにいる時は勝ちたいし、フォワードとして試合に出たなら得点が欲しい。数試合出場してきて、僕はこの瞬間を待っていたし、得点を挙げることができてとても嬉しい」

「同じことになるけど、これはプレシーズンだ。だが、日々エネルギーとパワーが増しているように感じている。開幕戦まで時間があるから、集中してこのまま続けていかないといけない」

 レアル・マドリードは日本時間18日、リーガ・エスパニョーラ第1節でセルタとアウェイで対戦する。

関連記事(外部サイト)