「明日のことだけを考えている」バルサ指揮官が渦中のネイマールに言及

「明日のことだけを考えている」バルサ指揮官が渦中のネイマールに言及

ネイマールに言及したバルベルデ監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールについて言及した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ネイマールは、2017年にバルセロナからPSGに加入。その後リーグ2連覇に大きく貢献するも、チャンピオンズリーグ(CL)敗退のスケープゴートにされ、同選手のクラブへの心証は悪化していると見られている。

 同選手も移籍希望を明言しており、古巣であるバルセロナやレアル・マドリードが関心を示していると報じられていた。

 渦中のネイマールに対しバルベルデ監督が次のように言及した。

「ネイマールの復帰は、何が起こるか見てみよう。何が起こるかは我々にもわからない。(ネイマールが復帰した場合のチームバランス悪化は)ただの想像にすぎない。明日のことだけを考えているよ。私は常に現在所属している選手たちに満足している。それに加えて、素晴らしい4人が加入したからね。我々はよりよくならなくてはいけない」

関連記事(外部サイト)