DF菅原所属のAZ、ホームスタジアムの屋根が一部崩壊…負傷者はなし

DF菅原所属のAZ、ホームスタジアムの屋根が一部崩壊…負傷者はなし

屋根が一部崩壊したAZのホームスタジアム [写真]=Getty Images

 DF菅原由勢が所属するエールディヴィジ(オランダ1部)AZのホームスタジアム・AFASスタディオンの屋根が崩壊した。AZが10日、クラブ公式HPを通じて伝えた。

 AFASスタディオンは10日午後に屋根の一部が崩壊。オランダメディア『AD』によると原因は強風だという。なお、クラブは屋根の崩壊による負傷者はいなかったと伝えた。クラブは15日、ヨーロッパリーグ予選3回戦でマリウポリと対戦し、ホームスタジアムを使用する予定であったが、別のスタジアムで試合が行われる見込みだという。

 AZのゼネラルマネージャー、ロバート・エンホルン氏はクラブ公式HPを通じて次のようにコメントを残している。

「我々は驚かされ、とてもショックを受けています。崩壊した時、幸いスタジアムに人がいなかったです。今回の件は我々にとって大きな問題です。今後ホームスタジアムで行われる予定の試合については、なるべく早く明確にして報告します」

 今夏、名古屋グランパスからAZに期限付き移籍で加入した菅原は開幕戦で移籍後初ゴールをマーク。オランダメディア『AD』が選出する”開幕戦ベストイレブン”にも選出された。

関連記事(外部サイト)