名古屋MFマテウスが横浜FMへ期限付き移籍「成長して戻ってきたい」

名古屋MFマテウスが横浜FMへ期限付き移籍「成長して戻ってきたい」

横浜FMへの期限付き移籍が決定したマテウス [写真]=Getty Images

 名古屋グランパスに所属するブラジル人MFマテウスが、横浜F・マリノスへ期限付き移籍で加入することが決まった。移籍期間は2020年1月1日まで。12日に両クラブが発表している。

 マテウスは1994年生まれの24歳。イタブーナ、クルゼイロ、バイーアとブラジル国内クラブを渡り歩き、2014年夏に大宮へ加入期限付き移籍で加入した。翌2015年1月に期限付き移籍期間満了で退団したものの、同年7月に復帰すると、2017年1月に完全移籍となった。そして2019年1月より名古屋に加入し、今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで9試合に出場し3ゴールを記録していた。

 期限付き移籍にあたり、マテウスは名古屋に対して以下のようにコメントしている。

「このたび横浜F・マリノスに期限付き移籍をすることになりました。半年間の間、風間監督から様々なことを学ぶことができました。スタジアムでのファミリーの皆さんの声援はいつも心強く、勇気付けられました。マリノスで試合に出場して、来シーズンはグランパスに貢献できるよう成長して戻ってきたいと思います」

 そして加入する横浜FMには以下のようにメッセージを寄せている。

「名古屋グランパスから期限付き移籍で加入しましたマテウスです。スピード、左足をみてください。リーグ優勝へのチカラとなれるように頑張ります!」

関連記事(外部サイト)