ついにロベリーの後釜を確保…バイエルン、インテルからペリシッチを獲得

ついにロベリーの後釜を確保…バイエルン、インテルからペリシッチを獲得

バイエルン移籍が決まったペリシッチ [写真]=Getty Images

 バイエルンは13日、インテルからクロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチを獲得したことを発表した。

 契約は1年間のレンタル移籍で、買い取りオプション付き。ドイツ誌『kicker』によると、移籍金は500万ユーロ(約6億円)だという。

 バイエルンは、元フランス代表FWフランク・リベリーと元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが昨シーズン限りで退団。後釜として獲得間近と報じられていたマンチェスター・Cのドイツ代表FWレロイ・サネは、前十字じん帯損傷により長期離脱を余儀なくされていた。

 現在30歳のペリシッチは、2011年〜2015年にかけてドルトムントとヴォルフスブルクで、ブンデスリーガ112試合出場27ゴールを記録。4年ぶりにドイツ復帰となった。また、2011年にデビューしたクロアチア代表では、2013年10月〜2015年9月にかけて現在バイエルンを指揮するニコ・コヴァチ監督のもとでプレーしていた。

関連記事(外部サイト)