ベティス、攻撃陣の強化を目指す…レアルFWマリアーノを獲得候補に?

ベティス、攻撃陣の強化を目指す…レアルFWマリアーノを獲得候補に?

ベティスが関心を示すレアル・マドリードのマリアーノ [写真]=Getty Images

 ベティスは、レアル・マドリードに所属するドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスに関心を示しているようだ。スペイン紙『マルカ』が12日に伝えている。

 ベティスは新シーズンに向けてストライカーの獲得を目指しており、エスパニョールのスペイン人FWボルハ・イグレシアスに熱視線を注いでいる模様。今回の報道によると、ベティスは同選手の獲得に失敗した場合、マリアーノにターゲットを変更するという。

 マリアーノは、2011年にレアル・マドリードのフベニールA(U−19)に加入した。リヨンを経て、2018年にレアル・マドリードに復帰。かつて元スペイン代表FWラウル・ゴンザレス氏や現在ユヴェントスに所属しているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが背負った“伝統の7番”を着用したが、レギュラー定着までは至らなかった。

 今シーズンからはベルギー代表MFエデン・アザールが背番号「7」を背負うすることが決定し、マリアーノは「24」を付けることとなった。果たして、マリアーノはベティスに新天地を求めることになるのだろうか。

関連記事(外部サイト)