名古屋の金井が鳥栖へ期限付き移籍…「ファミリーの皆さんもグランパスの一員として選手を支えてあげて」

名古屋の金井が鳥栖へ期限付き移籍…「ファミリーの皆さんもグランパスの一員として選手を支えてあげて」

名古屋の金井が鳥栖へ期限付き移籍…「ファミリーの皆さんもグランパスの一員として選手を支えてあげて」の画像

 名古屋グランパスは15日、金井貢史がサガン鳥栖に期限付き移籍すると発表した。期限付き移籍期間は2020年1月31日まで。

 横浜F・マリノスの育成組織で育った金井は、高い技術を武器に各年代の日本代表でプレーし、2008年にトップ昇格。その後、サガン鳥栖(2013-14)、ジェフユナイテッド市原・千葉(2015)、横浜FM(2016-18)で重宝され、昨シーズン途中から名古屋に移籍していた。ボランチ、サイドバックを中心に攻撃も守備もどこでもこなせる器用さが持ち味で、チームのピンチには顔を出す“なぜそこに金井”というプレーでファン・サポーターの心を熱くした。

 クラブの公式サイトを通じて、「昨年の夏に加入させていただき残留も出来、少しは貢献できたことを誇りに思います。今季も名古屋グランパスのためにと頑張ってきましたが、自分の力不足で全く貢献できず本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。名古屋の熱い夏がこれから必ず始まります。ファミリーの皆さんも名古屋グランパスの一員として選手を支えてあげてください。僕もサガン鳥栖でしっかり成長してきたいと思います。一年間ありがとうございました」とコメントしている。

 なお、金井は契約上、名古屋との今シーズンの公式戦には出場できないという。