バルサが関心も…マンU、“守備の要”リンデロフに給与2倍の新契約提示へ

バルサが関心も…マンU、“守備の要”リンデロフに給与2倍の新契約提示へ

マンチェスター・Uとの新契約締結が近づくリンデロフ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは、スウェーデン代表DFヴィクトル・リンデロフに新契約をオファーすることを検討しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が15日に伝えている。

 現在25歳のリンデロフは2017年にマンチェスター・Uへ加入。加入1年目はプレミアリーグで17試合の出場に留まったが、昨シーズンは公式戦40試合に出場し、守備の要としてチームを支えた。

 今夏はバルセロナがリンデロフの獲得に興味を示していると報じられているが、マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は同選手のパフォーマンスを高く評価している模様。イングランド代表DFハリー・マグワイアと共に最終ラインを牽引してほしいと考えているようだ。

 リンデロフとマンチェスター・Uの契約は2021年6月まで残っている。今回の報道によると、同クラブは2025年まで契約を延長することを希望しており、オファーを準備しているようだ。新契約を締結した場合、週給は現在の約2倍の15万ポンド(約1925万円)になるという。

関連記事(外部サイト)