エジル、1月にMLS行きの可能性が浮上…DCユナイテッドが獲得に本腰か

エジル、1月にMLS行きの可能性が浮上…DCユナイテッドが獲得に本腰か

MLS行きが噂されるエジル [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルが、MLS(メジャーリーグ・サッカー)に活躍の場を移す可能性があるようだ。アメリカ紙『ワシントン・ポスト』が15日に報じている。

 エジルの獲得に関心を示しているクラブはDCユナイテッドだという。DCユナイテッドは元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが今夏にチャンピオンシップ(英2部)のダービー・カウンティへ移籍しており、同選手に代わるスター選手獲得を画策しているようだ。

 既にエジルの代理人はワシントンでクラブの幹部と話し合いの場を設けた模様だ。早ければプレミアリーグの冬の移籍市場が開幕する来年1月にエジルのアメリカ行きが決まるかもしれない。

 エジルは昨シーズンのプレミアリーグで24試合に出場し5得点を挙げたが、完全に定位置を確保したとは言い難く、一時はウナイ・エメリ監督との不仲も報じられた。迎えた今季はプレシーズンから主力に定着していたものの、7月25日に強盗に襲われるという事件に巻き込まれ、安全面の考慮から11日に行われたプレミアリーグ開幕戦のニューカッスル戦はメンバー外となっていた。

関連記事(外部サイト)