「兄に負けない活躍を…」 浅野拓磨の弟・雄也が広島移籍、今季は水戸でプレー

「兄に負けない活躍を…」 浅野拓磨の弟・雄也が広島移籍、今季は水戸でプレー

来季から広島でプレーすることが決まった浅野雄也 [写真]=J.LEAGUE

 サンフレッチェ広島は16日、水戸ホーリーホック所属のMF浅野雄也が完全移籍で加入すると発表した。なお、今季は期限付き移籍という形で引き続き水戸でプレーする。

 現在22歳の浅野はプロ1年目の今季、明治安田生命J2リーグで24試合に出場し、3ゴールを記録。兄であるFW浅野拓磨(パルチザン)がかつて活躍した広島へのステップアップを果たすこととなった。

 浅野は水戸の公式サイトを通じて、「この度サンフレッチェ広島に移籍する事になりました。プロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせてくれた水戸ホーリーホックへは感謝しかありません。そして水戸の街、アツマーレやケーズデンキスタジアム水戸まで来てくれたサポーターのみなさんなど、たくさんの場所や人と出会えたことも嬉しく思っていますし感謝しています。今シーズンの残りの試合、その感謝の気持ちを忘れることなく、水戸ホーリーホックのJ1昇格に貢献出来るように頑張りますので、引き続き応援をよろしくお願いします」と感謝のコメント。

 また、広島の公式サイトを通じて「この度、水戸ホーリーホックから完全移籍で加入することになりました。 来シーズン少しでも成長した自分を見せることができるよう、今シーズンは水戸で頑張りたいと思います。広島で活躍した兄に負けないような活躍を見せたいと思うので、応援よろしくお願いします」と意気込みを述べた。

関連記事(外部サイト)