11年ぶりリーガ黒星スタートのバルサに痛手…スアレスが右足の筋肉を負傷

11年ぶりリーガ黒星スタートのバルサに痛手…スアレスが右足の筋肉を負傷

開幕戦で負傷交代したルイス・スアレス [写真]=Getty Images

 バルセロナは16日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが負傷したことを発表した。

 バルセロナは16日にリーガ・エスパニョーラ開幕戦でアスレティック・ビルバオと対戦。試合終了間際にアスレティック・ビルバオFWアリツ・アドゥリスがジャンピングボレーで決勝ゴールを決めた。この結果、バルセロナは0−1で敗北を喫し、11年ぶりの黒星スタートとなった。

 この試合に先発出場を果たしたスアレスは37分に右足を痛めて負傷交代。バルセロナはスアレスについて「右足の筋肉を負傷した」と発表。現時点で詳細は明かされておらず、クラブは「明日、更に検査を行い、正確なケガの状況を見ることになる」とした。

 バルセロナは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが負傷の影響により開幕戦を欠場。スアレスの負傷により、クラブにとって厳しい状況が見込まれる。

関連記事(外部サイト)