GKバトランドがストーク退団へ…4大リーグでのプレーを希望か

GKバトランドがストーク退団へ…4大リーグでのプレーを希望か

国外移籍を模索しているGKジャック・バトランド[写真]= Getty Images

 チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するストークのイングランド代表GKジャック・バトランドは国外移籍を希望しているという。15日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 バトランドは2020年欧州選手権のイングランド代表に選出されるべく、トップレベルでのプレー環境に身を置きたいと考えているとのこと。今夏、プレミアリーグへの移籍を模索し、一時はボーンマスへの移籍が報じられたものの、結果的には国内移籍は成立せず。同紙によれば、ストークが3000万ポンド(約45億円)という高額な契約解除金を設定したことがプレミアリーグクラブへの移籍を阻んだと指摘している。

 プレミアリーグへの移籍の可能性は消滅したものの、バトランドはストーク退団を決心しており、国外移籍に向けて準備に取り掛かっていると同紙は伝えている。

関連記事(外部サイト)