DFコール、現役引退を発表…20年間のキャリアに終止符で監督業に専念か

元イングランド代表DFアシュリー・コールが現役引退を発表 監督業に専念か

記事まとめ

  • 元イングランド代表DFのアシュリー・コールが現役引退を発表、監督業に専念するという
  • 1999年にアーセナルでプロデビューし全盛期は“世界最高の左サイドバック”と呼ばれた
  • 昨シーズン限りでフランク・ランパード監督率いるダービーとの契約が満了していた

DFコール、現役引退を発表…20年間のキャリアに終止符で監督業に専念か

DFコール、現役引退を発表…20年間のキャリアに終止符で監督業に専念か

コールは現役引退を発表した [写真]=Getty Images

 元イングランド代表DFアシュリー・コールは現役引退を発表した。18日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 コールは1999年にアーセナルにてプロデビューを飾った。後にクリスタル・パレスへとレンタル移籍で加入するも、復帰後はチームの重要選手としてアーセナルのプレミアリーグ優勝に貢献。多くの反感を買うこととなったチェルシー移籍後もチャンピオンズリーグ制覇を達成した。

 2014−15シーズンには初の国外へと挑戦しローマに加入。次にロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍を果たすも、2018−19シーズンにはチェルシー時代のチームメイトであるフランク・ランパード監督が率いるダービーでイングランドに復帰した。昨シーズン限りで契約が満了したコールは現役引退を決意したようだ。

 コールは現役引退後、監督業に専念することを予定しており、現在はライセンスの獲得に向けて取り組みを行っているという。全盛期は“世界最高の左サイドバック”と呼ばれた同選手の引退を惜しむファンも多いに違いない。

関連記事(外部サイト)