リベリー、新天地はイタリア? フィオレンティーナ移籍決定が目前に

リベリー、新天地はイタリア? フィオレンティーナ移籍決定が目前に

リベリーの新天地はフィオレンティーナになるようだ [写真]=Getty Images

 昨シーズンでバイエルンとの契約が満了した元フランス代表MFフランク・リベリーは、フィオレンティーナ移籍に近づいているようだ。イタリアメディア『Football Italia』が20日に伝えている。

 現在36歳のリベリーは、2007年にマルセイユからバイエルンに加入。在籍した12年間で通算425試合出場124ゴール182アシストを記録した。昨シーズン限りでバイエルンを退団することを発表すると、リーグ優勝を決めたフランクフルト戦でゴールを決めて同クラブでの有終の美を飾った。

 バイエルン退団後はフリーエージェントとなっていたリベリーには、中東やロシアのクラブからも関心が寄せられていると報じられていた。

 しかし今回の報道によると、リベリーはフィオレンティーナ移籍に近づいている模様。既に交渉は完了しており、メディカルチェックを受けた後に正式発表となるようだ。

 また、リベリーは19日、自身のインスタグラムに「新しい挑戦に向けた準備はできている」と投稿していた。

関連記事(外部サイト)