PSV、堂安律の獲得は難航か…フローニンゲンの要求する金額が障壁に

日本代表MF堂安律、PSVへの移籍は難航か フローニンゲンが提示する移籍金が障壁に

記事まとめ

  • フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律は、PSVへの移籍希望を明かしていた
  • PSVはナポリ移籍が決定的なメキシコ代表FWイルビング・ロサノの後釜として堂安に関心
  • フローニンゲンが要求する移籍金1300万ユーロ(約15億3000万円)が障壁か

PSV、堂安律の獲得は難航か…フローニンゲンの要求する金額が障壁に

PSV、堂安律の獲得は難航か…フローニンゲンの要求する金額が障壁に

PSVは堂安律の獲得に向けて動いているようだ [写真]=Getty Images

 PSVは、フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律の獲得に難航しているようだ。オランダメディア『ED』が20日に伝えている。

 PSVはナポリ移籍が決定的になっているメキシコ代表FWイルビング・ロサノの後釜として、堂安に関心を示していると報じられていた。また、堂安自身もPSVへの移籍希望を明かしており、両者は“相思相愛”となっているようだ。

 しかし、フローニンゲンは堂安を安価な移籍金で手放すつもりはないようだ。今回の報道によると、同クラブは移籍金1300万ユーロ(約15億3000万円)を要求しているという。PSVはその金額を高すぎると考えており、交渉は難航することが予想されている。

 PSVは堂安の獲得に失敗した場合、代役としてブンデスリーガ2部のシュトゥットガルトに所属する21歳のアルゼンチン人FWニコラス・ゴンサレスの獲得を検討しているようだ。

関連記事(外部サイト)