ラキティッチ、今夏はバルサ残留へ…正式オファー届くも本人が移籍を拒否

ラキティッチ、今夏はバルサ残留へ…正式オファー届くも本人が移籍を拒否

バルセロナに所属するラキティッチ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは、この夏にチームを離れることは考えていないようだ。イギリスメディア『Sports MOLE』が22日に報じた。

 ラキティッチとバルセロナの契約は2021年までで、今年に入ってからも契約延長を断ったと伝えられてきた。そのため今夏、マンチェスター・Uやユヴェントスから高い関心が寄せられていたが、クロアチア人MFは現在もバルセロナに所属している。

 実際、バルセロナはこの夏、ラキティッチへの正式なオファーを受け取っていたものの、残留を希望する本人の意思を尊重して断ったと報道されている。

 ラキティッチは2014年にセビージャからバルセロナに加入以来、公式戦269試合に出場し34得点を記録。スペイン王者にとって、欠かせない存在となっている。

関連記事(外部サイト)