オーストリア移籍のFW北川航也が欧州デビュー果たす「自分の第一歩」

オーストリア移籍のラピッド・ウィーンFW北川航也が欧州デビュー 「自分の第一歩」

記事まとめ

  • ラピッド・ウィーンのFW北川航也がオーストリア・ブンデスリーガ第5節に途中出場した
  • オーストリアでデビューを飾った北川は、Instagramで新天地デビューを報告した
  • 北川は「悔しい結果でしたが自分の第一歩です」と意気込みを綴った

オーストリア移籍のFW北川航也が欧州デビュー果たす「自分の第一歩」

オーストリア移籍のFW北川航也が欧州デビュー果たす「自分の第一歩」

欧州デビューを果たしたFW北川航也 [写真]=Getty Images

 ラピッド・ウィーンに所属するFW北川航也が24日、自身のInstagram(@koya_kitagawa_23)を更新して、新天地デビューを報告した。

 北川は、同日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第5節のLASKリンツ戦で2試合連続ベンチ入りすると、1−1で迎えた75分に途中出場してオーストリアでデビューを飾った。なお、チームは後半アディショナルタイムに失点して1−2で敗れた。

 試合後、Instagramで「たくさんの方々に支えられてデビューすることができました」と報告し、「悔しい結果でしたが自分の第一歩です。これからもRAPIDの為に闘います」と意気込みを綴った。

 現在23歳の北川は、清水エスパルスからラピッド・ウィーンに移籍。労働許可証の取得やチームへの適応を理由にデビューが遅れていたが、前節のシュトゥルム・グラーツ戦で移籍後初のベンチ入りを果たしていた。

関連記事(外部サイト)