ナポリ、敵地で計7発の打ち合い制して白星発進! リベリーはイタリアデビュー

ナポリ、敵地で計7発の打ち合い制して白星発進! リベリーはイタリアデビュー

決勝点を挙げたナポリのロレンツォ・インシーニェ [写真]=Getty Images

 セリエA第1節が24日に行われ、フィオレンティーナとナポリが対戦した。

 試合は9分、VARによってフィオレンティーナがPKを獲得。キッカーのエリック・プルガルはGKの逆をつき、ホームのフィオレンティーナが先制に成功した。

 追いつきたいナポリは38分、ペナルティエリア外からドリース・メルテンスがミドルシュートでゴール右上に決めて同点とする。さらに42分、ロレンツォ・インシーニェがPKにより勝ち越し弾を決め、ナポリのリードで前半を折り返す。

 52分、フィオレンティーナが右CKを得るとニコラ・ミレンコヴィッチがクロスを頭で押し込み追いつく。しかし4分後の56分にナポリは、インシーニェの横パスに反応したホセ・カジェホンが得点を挙げて、すぐさま3−2と勝ち越しに成功。

 フィオレンティーナは65分、ケヴィン・プリンス・ボアテングがエリア外から右足を振り抜くとボールはゴール左下に入り同点に。ボアテングはデビュー戦で得点を記録した。

 追いつかれたナポリは67分、カウンターからインシーニェが中央をドリブルで縦に持ち上がる。右サイドのカジェホンにボールが渡ると、再び折り返してインシーニェが頭で押し込み、ナポリは再び勝ち越しに成功した。

 両チームとも選手交代を試みると、フィオレンティーナは78分にフランク・リベリーを投入。リベリーが本拠地でイタリアデビューを果たした。

 その後スコアは動かず、ナポリが4−3でフィオレンティーナとの打ち合いを制して開幕節を白星で飾った。

【スコア】
フィオレンティーナ 3−4 ナポリ

【得点者】
9分 1−0 エリック・プルガル(フィオレンティーナ)
38分 1−1 ドリース・メルテンス(ナポリ)
42分 1−2 ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
52分 2−2 ニコラ・ミレンコヴィッチ(フィオレンティーナ)
56分 2−3 ホセ・カジェホン(ナポリ)
65分 3−3 ケヴィン・プリンス・ボアテング(フィオレンティーナ)
67分 3−4 ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)

【スターティングメンバー】
ナポリ(4−2−3−1)
メレト;M・ルイ(71分 グラム)、クリバリ、マノラス、ディ・ロレンツォ;ジエリンスキ、アラン(72分 エルマス);インシーニェ、ファビアン・R、カジェホン;メルテンス(84分 ヒサイ)

フィオレンティーナ(4−3−3)
ドラゴワスキ;ベヌーティ、ミレンコヴィッチ、ペッセッラ、リロラ;プルガル、バデリ(73分 ベナッシ)、カストロヴィリ;キエーザ、ブラホヴィッチ(72分 P・ボアテング)、スコッティル(78分 リベリー)

関連記事(外部サイト)