柴崎は前節同様フル出場も…デポルティーボ、ウエスカに3失点敗北

柴崎は前節同様フル出場も…デポルティーボ、ウエスカに3失点敗北

フル出場を果たした柴崎(写真は前節オビエド戦のもの) [写真]=Getty Images

 セグンダ・ディビシオン第2節が25日に行われ、柴崎岳が所属するデポルティーボは敵地でウエスカと対戦した。柴崎はフル出場を果たしている。

 試合は序盤からホームのウエスカペースで進む。26分、柴崎のクリアボールが味方の背中に当たってしまい、相手選手の元へこぼれる。このボールを拾ったダニ・エスクリチェがマイナスのクロスボールを送ると、エウヘニ・バルデラマが押し込み、ウエスカが先制した。

 前半アディショナルタイムにはダニエル・ラバが左足でダイレクトボレーを叩き込み、ウエスカが2点をリードして前半を終えた。

 後半に入ってもウエスカは攻撃の手を緩めない。53分、パス回しから右サイドを抜け出したミケル・リコの折り返しをホルヘ・プリードが流し込み、ダメ押しとなる3点目を記録した。

 デポルティーボは72分にクリスティアン・サントスが左足で強烈なシュートを叩き込み1点を返すも、反撃及ばず。試合はこのままタイムアップし、デポルティーボは開幕2連勝とはならなかった。

 次節、デポルティーボは9月1日にラージョ・バジェカーノと対戦する。一方、ウエスカは31日にアルメリアの本拠地に乗り込む。

【スコア】
ウエスカ 3−0 デポルティーボ

【得点者】
1−0 26分 エウヘニ・バルデラマ(ウエスカ)
2−0 45+4分 ダニエル・ラバ(ウエスカ)
3−0 53分 ホルヘ・プリード(ウエスカ)

関連記事(外部サイト)