バイエルンFWレヴァンドフスキ、契約延長の可能性は「95%」?

バイエルンFWレヴァンドフスキ、契約延長の可能性は「95%」?

バイエルンとの契約延長が近づくレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images

 バイエルンとポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの契約延長が近づいているようだ。ドイツ誌『kicker』日本語版が26日に伝えている。

 現在31歳のレヴァンドフスキは、2014年夏にドルトムントから加入。昨シーズンは通算4回目となる得点王に輝くなど、不動のエースとして君臨している。今シーズンもブンデスリーガ第1節ヘルタ・ベルリン戦で2得点を記録し、第2節シャルケ戦ではハットトリックを達成した。

 レヴァンドフスキとバイエルンが結んでいる現行契約は2021年6月末までとなっており、同クラブは契約延長を目指していると報じられていた。

 今回の報道によると、レヴァンドフスキもバイエルンでのプレー続行に意欲を見せており、契約延長が近づいている模様。同選手は「まだクリアにはなっていないけど、95%のところまできている。良い流れだと思う」とコメントした。

関連記事(外部サイト)