エリクセンの去就はトッテナム指揮官も分からず「状況は簡単ではない」

エリクセンの去就はトッテナム指揮官も分からず「状況は簡単ではない」

トッテナムのポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、移籍が噂されるデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンについて言及した。25日付けで、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 トッテナムとの契約を残り1年としているエリクセンには、今夏レアル・マドリードをはじめ、多くのビッグクラブから関心が寄せられており、今なお移籍の可能性を残しているとされる。

 プレミアリーグ第3節のニューカッスル戦後、ポチェッティーノ監督は取材に応じ、エリクセンの去就についてコメントした。

「エリクセンにとってスパーズでの最後の試合だったか? それは私には分からないよ。なぜ私に尋ねるんだい? 君たちは何かを知っているのかい? 今の状況は、とても簡単なものではないんだ」

「(エリクセンをスタメンに選ばなかった理由を尋ねられ)私は11人しか選ぶことができない。質問の意図は理解しているが、これはいつだって悩ましいことなんだ。3−0や4−0で勝利した後なら、このようなことは聞かれなかったのだろうね」

 移籍市場の閉幕は、9月2日。果たして、ニューカッスル戦がエリクセンにとって、トッテナムでの最後の試合となってしまうのだろうか。

関連記事(外部サイト)