バルサ、ツイッターでの投稿を巡りベティスに謝罪「無礼な意図はなかった」

バルセロナのSNS投稿を巡りベティスサポーターが反発 「無礼な意図ない」と謝罪

記事まとめ

  • リーガ・エスパニョーラ第2節でバルセロナはベティスと対戦し、5-2で勝利した
  • バルセロナ公式ツイッターが試合後に「ジュニオールは知っている」と文章を掲載
  • 5ゴールを知っていたと捉えられる投稿にベティスサポーターが反発、バルサは謝罪した

バルサ、ツイッターでの投稿を巡りベティスに謝罪「無礼な意図はなかった」

バルサ、ツイッターでの投稿を巡りベティスに謝罪「無礼な意図はなかった」

バルセロナでデビューを果たしたフィルポ [写真]=Getty Images

 バルセロナは26日、ツイッターでの投稿を巡りベティスとベティスサポーターに謝罪した。

 リーガ・エスパニョーラ第2節が25日に行われ、バルセロナはベティスとホームで対戦。5−2でバルセロナが勝利したこの試合で、バルセロナDFジュニオール・フィルポが81分から出場してデビューを飾った。

 バルセロナ公式ツイッターが試合後に投稿したものが物議をかもした。同クラブ公式ツイッターは、フィルポが右手を広げている写真と共に「ジュニオールは知っている」という文章と、右手を広げた絵文字を掲載。バルセロナがベティスから5ゴールを挙げることを知っていたと捉えられる投稿に、ベティスサポーターは反発した。

 バルセロナはこの投稿に対して「ベティスとそのサポーターに謝罪したい」とコメント。「無礼な意図はなかった。ジュニオールにとって非常に特別な夜になった日に投稿したのは間違っていた」としている。

関連記事(外部サイト)