A・サンチェス、今夏はマンU残留?…マルシャルが大腿負傷で離脱か

A・サンチェス、今夏はマンU残留?…マルシャルが大腿負傷で離脱か

今夏の移籍が噂されるA・サンチェス(左)とC・パレス戦で大腿を痛めたマルシャル(右) [写真]=Getty Images

 インテルへのレンタル移籍が噂されるチリ代表FWアレクシス・サンチェスに、今夏はマンチェスター・Uから退団しない可能性があるようだ。26日、イギリス紙『ガーディアン』が報じた。

 マンチェスター・Uは、24日に行われたプレミアリーグ第3節クリスタル・パレス戦の試合終盤に、フランス代表FWアントニー・マルシャルが大腿を負傷。同クラブが交代カードを使い切った後だったため、同選手は痛みを抱えながらプレーを続けていた。

 マルシャルの状態について、詳細は明らかになっていない。マンチェスター・Uは現在、同選手が試合後に受けたスキャン検査の結果を待っているという。

 マルシャルの離脱期間が長くなった場合、今夏の退団が噂されていたA・サンチェスはマンチェスター・Uに残留する可能性が高くなるという。マンチェスター・UはFWの選手層が厚くない一方で、すでにプレミアリーグのクラブは今夏の移籍市場では新選手を獲得できないことが理由と見られる。

 A・サンチェスは2018年1月、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンとのトレード移籍でアーセナルから加入した。しかしマンチェスター・Uでは、公式戦45試合の出場で5得点9アシストと低調なスタッツを記録。チーム最高のサラリーを受け取っていることもあって、今夏の放出候補の1人に名前が挙げられていた。

関連記事(外部サイト)