ガーナ代表FWアユーに複数クラブがオファーか…高額年俸がネックに

ガーナ代表FWアユーに複数クラブがオファーか…高額年俸がネックに

移籍が取り沙汰されているFWアンドレ・アユー[写真]= Getty Images

 スウォンジーのガーナ代表FWアンドレ・アユーに移籍の可能性があるという。26日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 アユーは、2018年1月にスウォンジーのクラブ史上最高額となる1800万ポンド(約20億円)の移籍金で加入。今シーズンはこれまでに、公式戦3試合4得点4アシストを記録。この活躍によって、国内外のクラブが注目しているという。

 アユーに対しては、ドイツとイタリアのクラブが獲得に興味を示しているとのこと。具体的には、シャルケ、ブレーメン、ラツィオ、サンプドリアの名前が挙がっていると同紙は報じている。

 一方で同紙は、アユーの受け取る高額な給料が移籍を困難にさせると指摘している。アユーの週給は8万ポンド(約1000万円)と報じられており、獲得を希望するクラブが難色を示す可能性もあるという。

関連記事(外部サイト)