インテル、英4部クラブの練習場にスカウト派遣…元マンCのボニーに関心か

インテル、英4部クラブの練習場にスカウト派遣…元マンCのボニーに関心か

スワンズやマンCでプレーしたボニー [写真]=Getty Images

 インテルがコートジボワール代表FWのウィルフリード・ボニーに関心を示しているようだ。26日、イギリス紙『ガーディアン』が報じた。

 現在30歳のボニーは、今夏のスウォンジー(英2部)退団以降フリートランスファーの状態が続いており、3週間前からニューポート・カウンティ(英4部)とともに練習を行なっている。インテルは同クラブの練習場にスカウトを派遣して、同選手の視察を行った模様だ。

 フィテッセ(オランダ)で頭角を表したボニーは、2013年夏にスウォンジーへ移籍。2013−14シーズンのプレミアリーグで16得点をマークして一躍脚光を浴びると、15年冬にマンチェスター・Cが3230万ユーロ(当時レートで約44億円)の移籍金で引き抜いた。しかし、同クラブでは十分な出場機会を得られず、公式戦46試合の出場で11得点7アシストを記録するに留まった。

 2017年夏にはスウォンジーへと完全移籍で復帰したが、ケガの影響もあって、かつての輝きは取り戻せず。昨季はアル・アラビ(カタール)へとレンタル移籍をし、復帰後の今夏にスウォンジーを退団していた。

関連記事(外部サイト)