ギュンドアン、2度もゴールを取り消されたVARに不満「サッカーから感情を奪っている」

ギュンドアン、2度もゴールを取り消されたVARに不満「サッカーから感情を奪っている」

マンチェスター・Cに所属するギュンドアン [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、今シーズンからプレミアリーグにも導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)について言及した。27日付けで、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 マンチェスター・CはVARにより、ここまでのリーグ戦3試合で2度もゴールを取り消されている。ギュンドアンはこの現状に不満を露わにした。

「残念なことに、VARは選手だけでなく、すべての人にとってのサッカーを変えてしまっている。僕たちがサッカーを愛する主な理由を取り除いているんだ。感情という大切なものをね」

「VARは、確かに審判の助けになるかもしれない。でも、僕はあまり支持できないよ。VARが導入された今でも、それがファールだったか、オフサイドだったか、試合後のプレーに関する議論は無くなっていないんだ」

「今シーズンはもう受け入れるしかないけど、VARがまた新たな問題を生み出しているのは事実だ。これから解決策を考えていかなければいけないと思うね」

 スペインやイタリアなど、今シーズンはヨーロッパの各国リーグでも導入されているVAR。国際大会でも取り入れられているだけに、今後の施策に世界中から注目が集まっている。

関連記事(外部サイト)