ACL王者の鹿島、敵地で広州恒大とスコアレスドロー…9月18日にホーム決戦へ

ACL王者の鹿島、敵地で広州恒大とスコアレスドロー…9月18日にホーム決戦へ

準々決勝第1戦はスコアレスドロー [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝ファーストレグが28日に行われ、鹿島アントラーズは敵地で広州恒大と対戦した。

 連覇を狙う鹿島は、8分にレオ・シウバがペナルティエリア手前中央から右足ミドルシュート、23分にはセルジーニョがエリア左に持ち込み左足シュートを放つが、いずれも枠を捉えられず。30分にウェイ・シーハオに抜け出されて、GKと1対1を作られたが、ここはGKクォン・スンテがセーブした。

 スコアレスのまま後半に入り、鹿島は白崎凌兵が57分にヘディングシュートで狙うが、これは枠の上。88分にも強烈なミドルシュートを放ったが、クロスバーに弾き返された。

 試合はこのままスコアレスで終了。セカンドレグは9月18日(19時キックオフ予定)に鹿島のホームで開催される。

【スコア】
鹿島アントラーズ 0−0 広州恒大

関連記事(外部サイト)