ファルカオ、ガラタサライ移籍が決定か…トルコの現地メディアが一斉報道

ファルカオ、ガラタサライ移籍が決定か…トルコの現地メディアが一斉報道

トルコ行きが加速するファルカオ [写真]=Getty Images

 モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが、ガラタサライ行きに近づいているようだ。トルコの現地複数メディアの報道をもとに、フランス紙『レキップ』が伝えている。

 モナコはファルカオの残留を希望し、交渉していたものの、破談となったようだ。同紙によると、すでにガラタサライは代理人に対しファルカオ獲得オファーを送っており、同選手自身も好感触。まもなく合意が発表される可能性もあるという。

 現在33歳のファルカオは、リーベル・プレートの下部組織出身。2005年にトップチームでデビューを果たすと、2009年夏にポルトへ加入。2011年からアトレティコ・マドリーでプレーし、リーグ・アンのモナコへと移籍した。その後、マンチェスター・U、チェルシーへのローンを経て、2016−17シーズンから再度モナコでプレーしていた。

関連記事(外部サイト)