ミラン移籍濃厚から一転…A・コレアはアトレティコ残留か

ミラン移籍濃厚から一転…A・コレアはアトレティコ残留か

移籍から一転残留濃厚となったA・コレア [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードに所属するアルゼンチン代表FWアンヘル・コレアが残留に近づいているようだ。28日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 積極補強を進めるアトレティコ・マドリードは今夏、ベンフィカからポルトガル代表FWジョアン・フェリックス、トッテナムからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーなどを獲得した。さらなる補強に動いている同クラブはバレンシアに所属するスペイン代表FWロドリゴ獲得に迫っていることが報じられていた。

 これを受け、アトレティコ・マドリードの10番を背負うA・コレアはミラン移籍に近づいていることが明らかになっていた。しかし、報道によると、アトレティコ・マドリードは移籍金4500万ユーロ(約53億円)での売却を希望していたものの、ミランが2年間のレンタル移籍に買い取りオプションが付随する契約のオファーしか提示しなかったことで交渉は失敗に終わったようだ。

 A・コレアはミラン行きを受け入れていたものの、それ以外のクラブへの移籍は望んでいない模様で、同選手は残留することが濃厚になったという。これにより、合意に達していたロドリゴ加入も破談となることが予想されている。

関連記事(外部サイト)