セルティックがマンCに勝る?若手有望DF獲得レースで一歩リードか

セルティックがマンCに勝る?若手有望DF獲得レースで一歩リードか

若手有望株を巡ってマンCと競うセルティック[写真]= Getty Images

 セルティックはチャンピオンシップ(英国2部相当)のバーミンガムに所属するスコットランド人DFミチェル・ロバーツの獲得に近づいているという。29日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 ロバーツは2000年生まれの現在18歳。16歳からバーミンガムのトップチームに在籍しており、現在はマンチェスター・Cが獲得に興味を示す若手有望株とのこと。

 しかしイングランドの移籍市場がすでに閉まっているため、マンチェスター・Cが今夏に獲得することはできない。一方でスコットランドの移籍市場が開いていることから、セルティックは今夏にロバーツの引き入れを狙っているという。このことから、マンチェスター・Cよりもセルティックがロバーツの獲得に近づいていると同紙は伝えている。

 バーミンガムは今夏、ロバーツと1年間の契約延長をおこなった。同紙はこの契約延長について、同クラブが近日中にロバーツを売却するための動きではないかと予測している。

 

関連記事(外部サイト)