マンU、サンチョの獲得は来夏まで保留に? 1月での獲得は困難と指揮官

マンU、サンチョの獲得は来夏まで保留に? 1月での獲得は困難と指揮官

マンチェスター・Uはサンチョの獲得を保留にするようだ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uはドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョの獲得に関心を示している。30日にイギリス紙『イブニング・スタンダード』が報じた。

 同クラブは今夏の移籍市場でベルギー代表FWロメル・ルカクやチリ代表FWアレクシス・サンチェスなどの攻撃陣の退団を了承。指揮官を務めるオーレ・グンナー・スールシャール監督は彼らの後釜としてサンチョの獲得を希望しているという。

 一部メディアにより攻撃陣の選手層が問題視されている中、同監督は目先の後釜を獲得しないとの見解を示した。スペイン人FWフェルナンド・ジョレンテなどをフリー移籍で獲得することもできるが、スールシャール監督は本命であるサンチョ以外は獲得しないという。

 さらに、1月の移籍市場での大型補強は困難であるとの見解を示した同監督は、来夏の移籍市場までサンチョの獲得は保留にするそうだ。今シーズンでチャンピオンズリーグ出場権を獲得し、より多くの選手を引きつけようとの計画だという。

関連記事(外部サイト)