GKベゴヴィッチ、ボーンマスからの退団を希望…「現状は容認できない」

GKベゴヴィッチ、ボーンマスからの退団を希望…「現状は容認できない」

ボーンマス退団を明言したアスミル・ベゴヴィッチ[写真]= Getty Images

 ボーンマスに所属するボスニア・ヘルツェゴビ代表GKアスミル・ベゴヴィッチは同クラブを退団する見込みだという。28日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 ベゴヴィッチは、自身が正GKから外されたことをきっかけにエディ・ハウ監督と衝突してしまったとのこと。そしてクラブからの退団希望を明らかにしたと同紙は報じている。

 ハウ監督は今シーズン、アーロン・ラムズデールを正GKに、アルトゥール・ボルツを第2GKにそれぞれ据える考えを示した事で、ベゴヴィッチの序列は3番目となっていた。

 ハウ監督の決断に関してベゴヴィッチは「彼は監督としての決断をしただけだ。ただ、僕はそれを容認できない」とコメントしたとのこと。さらに、「自分の現状は理想ではない。当然ながら解決策を探すつもりだ」と述べ、定期的な出場機会が得られるクラブへの移籍を模索するという。

関連記事(外部サイト)