PSGのトゥヘル監督、元教え子のデンベレと電話で対談…その理由とは?

PSGのトゥヘル監督、元教え子のデンベレと電話で対談…その理由とは?

トゥヘル監督はドルトムント時代にデンベレの指導をしていた [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマンの指揮官を務めるトーマス・トゥヘル監督は、バルセロナに所属するフランス代表MFウスマン・デンベレと電話で対談を行ったようだ。30日にイギリス紙『ミラー』が報じている。

 バルセロナはブラジル代表FWネイマールの復帰を巡り、金銭と複数選手をパリ・サンジェルマンに対してオファーしているようだ。同紙によるとクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが含まれることは決定しているが、デンベレがオファーの一部になるかは定かではないという。

 この交渉を巡り、トゥヘル監督はドルトムント時代に指導していたデンベレと直接電話で話し合いをしたようだ。同監督はデンベレのことを高く評価しており、パリ・サンジェルマン加入を強く望んでいるとの意思を伝えたという。

 一方のバルセロナもデンベレをトレード移籍の一部に含めることに賛成していると同紙は伝えている。しかし、デンベレ本人がスペイン残留を希望していることから交渉が止まってしまったという。果たして今夏にこの超大型トレード移籍は実現するのであろうか。

関連記事(外部サイト)