アザールが昨季EL最優秀選手に輝く…チェルシーの6年ぶり優勝に貢献

アザールが昨季EL最優秀選手に輝く…チェルシーの6年ぶり優勝に貢献

昨季ELでチェルシーの優勝に貢献したアザール [写真]=Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)は30日、2018−19シーズンのヨーロッパリーグ(EL)最優秀選手賞を発表し、ベルギー代表MFエデン・アザールが選ばれた

 今夏にレアル・マドリードに移籍したアザールは、チェルシーに所属していた昨シーズンのELで8試合に出場。アーセナルとの決勝では2ゴール1アシストで、6年ぶり2度目のEL制覇に貢献していた。

 最優秀選手賞は、ELグループステージに参戦した48クラブの監督と55人のジャーナリストによって選ばれる。アザールは340ポイントを獲得し、2位のフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(チェルシー/119ポイント)や、3位のセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト→レアル・マドリード/94ポイント)らに大差をつけての受賞となった。

関連記事(外部サイト)