3戦連続先発の香川真司は2戦連発ならず…サラゴサ、土壇場PK弾でホーム2連勝

3戦連続先発の香川真司は2戦連発ならず…サラゴサ、土壇場PK弾でホーム2連勝

3試合連続で先発出場した香川真司 [写真]=Getty Images

 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第3節が30日に行われ、MF香川真司が所属するサラゴサはホームでエルチェと対戦した。前節初ゴールを挙げた香川は、3試合連続で先発出場した。

 サラゴサは立ち上がりから攻勢に出るが、16分にラファエル・ドワミーナが右サイドのFKで直接狙ったシュートはクロスバーの上。36分には、ルイス・スアレスがペナルティエリア手前から強烈なミドルシュートを放ったが、GKにセーブされた。

 後半もサラゴサが主導権を握ったが、チャンスを作れず。スコアレスのまま時間が過ぎていったが、84分にスアレスがエリア右で倒されると、主審はノーファールの判定だったが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)介入の末に判定が覆り、サラゴサにPKが与えられる。87分、これをスアレスがゴール右に決めて先制点を挙げた。

 試合はこのまま終了し、サラゴサがホーム戦連勝で今シーズン2勝目を挙げた。なお、香川は71分までプレーしたが、得点には絡めなかった。

 次節、サラゴサは9月8日にアウェイでアルコルコンと、エルチェは同日にホームでルーゴと対戦する。

【スコア】
サラゴサ 1−0 エルチェ

【得点者】
1−0 87分 ルイス・スアレス(PK/サラゴサ)

関連記事(外部サイト)