ガラタサライ、退場者4人の大乱戦制し今季初勝利…長友は80分まで出場

ガラタサライ、退場者4人の大乱戦制し今季初勝利…長友は80分まで出場

今季初勝利を挙げたガラタサライ [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライがアウェーでカイセリスポルと対戦し、退場者が両チーム合わせ4人出た乱戦を2−3で制し、今季初勝利を挙げた。長友は、開幕から3試合連続スタメン出場し、80分に途中交代している。

 ガラタサライは、37分に先制を許したが、66分にカイセリスポルDFアイメン・アブデヌールのハンドでPKを獲得。これをユネス・ベルハンダが決めて同点に追いついた。アブデヌールはこのプレーで2枚目のイエローカードをもらい退場。さらに73分、相手MFペドロ・エンリケが2枚目のイエローカードで退場し、2人の数的優位に立ったガラタサライは87分、ライアン・バベルが勝ち越しゴールを決めた。

 しかし、89分、ガラタサライの途中出場のモルがイエローカードを立て続けに受けて退場。このFKから失点して土壇場で同点に追いつかれた。アディショナルタイム5分にはカイセリスポルのFWウムト・ブルトが2枚目のイエローカードで退場。ガラタサライは10人対8人と再び2人の数的優位になり、アディショナルタイム9分にアデム・ビュユクが劇的な勝ち越しゴールを決め試合終了。チームは今シーズン初勝利を挙げることとなった。

 次節、ガラタサライは15日にホームでカスムパシャと、カイセリスポルは同日にアウェイでアンタルヤスポルと対戦する。

【スコア】
カイセリスポル 1−0 ガラタサライ
カイセリスポル 1−1 ガラタサライ
カイセリスポル 1−2 ガラタサライ
カイセリスポル 2−2 ガラタサライ
カイセリスポル 2−3 ガラタサライ

【得点者】
1−0 37分 ペドロ・エンリケ(カイセリスポル)
1−1 66分 ユネス・ベルハンダ(ガラタサライ)
1−2 87分 ライアン・バベル(ガラタサライ)
2−2 90+1分 ウムト・ブルト(カイセリスポル)
2−3 90+9分 アデム・ビュユク(ガラタサライ)

関連記事(外部サイト)