トッテナム指揮官、他クラブから誘われた過去を明かす「オファーはあったけど…」

トッテナム指揮官、他クラブから誘われた過去を明かす「オファーはあったけど…」

トッテナムのポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、これまで他のクラブから数多くのオファーがあったことを明かした。31日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 2014年の夏からトッテナムの指揮官を務め、今年で6シーズン目を迎えたポチェッティーノ監督。同クラブを世界的な強豪へと育て上げた指揮官には、これまで複数のクラブからオファーがあったようだ。記者からの取材にこう答えた。

「今までオファーはあったけど、トッテナムを離れることは考えていなかったよ。このクラブと(ダニエル・レビー)会長が好きなんだ。5年前にプロジェクトを開始して、昨シーズンは新たなスタジアムもできた。今は世界で最も優れたクラブの1つになっているね」

「ダニエルとはよく食事に行く仲で、良い関係を築けているよ。このクラブの将来について、さまざまなことを話し合っているんだ。そして私は、ここで仕事ができることを誇りに思っている」

 昨シーズン、ポチェッティーノ監督は2023年まで契約を更新し、トッテナムはチャンピオンズリーグの決勝戦へと駒を進めた。

関連記事(外部サイト)