広島FWドウグラス・ヴィエイラが練習中に負傷…じん帯損傷で全治6週間

広島FWドウグラス・ヴィエイラが練習中に負傷…じん帯損傷で全治6週間

負傷離脱したドウグラス・ヴィエイラ [写真]=Getty Images

 サンフレッチェ広島が、ブラジル人FWドウグラス・ヴィエイラが負傷により離脱することを発表した。1日、公式サイトで伝えている。

 同クラブの発表によると、ドウグラス・ヴィエイラは8月30日のトレーニング中に負傷。同日、広島県内の病院で検査を受けた結果、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断が下された。また、全治6週間程度となるようだ。

 同選手は、明治安田生命J1リーグで17試合に出場し5ゴールを記録していた。

関連記事(外部サイト)