シュート本数は2倍以上も…ドローに終わったマンU、指揮官が反省

シュート本数は2倍以上も…ドローに終わったマンU、指揮官が反省

スールシャール監督はサウサンプトン戦についてコメントを残した [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は31日に行われたプレミアリーグ第4節のサウサンプトン戦についてコメントを残した。同日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 マンチェスター・Uはアウェイで日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦し、1−1の引き分けに終わった。新加入のウェールズ代表MFダニエル・ジェームズが先制弾をマークするも後半に追いつかれ勝ち点3を持ち帰ることはできなかった。

 試合中、マンチェスター・Uは21本のシュート本数を記録。サウサンプトンの10本に対して2倍以上の数値となっているが、決定機を活かせなかったことをスールシャール監督は問題視しているようだ。

 同監督は次のように語った。

「今日は試合の立ち上がりは良かったが、決定機を逃すことが多かった。相手に希望を与え続けてしまったことが問題だったと言える」

「何本シュートを打ったかはわからないが、前節のクリスタル・パレス戦にしかり、結局はゴールラインを割らなくては意味がない。これがフットボールの原則であり、今後改善していかなくては試合に勝つことはできない」

関連記事(外部サイト)