大迫勇也が2得点の大活躍! 決勝弾でブレーメンに今季初白星もたらす

大迫勇也が2得点の大活躍! 決勝弾でブレーメンに今季初白星もたらす

大迫勇也は2得点をマークした [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第3節が1日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンがアウクスブルクと対戦した。

 大迫は今シーズンに入り全試合にて先発出場を果たしている。前節のホッフェンハイム戦での1ゴールに続き、今節でもチームに貢献する結果を残した。

 試合開始6分、早くも試合が動いた。大迫が絶妙なタイミングで裏へ抜け出すと浮き玉のスルーパスを受ける。相手GKと1対1になり、右足で冷静にボールをゴールへと流し込み、チームに貴重な先制点をもたらした。

 しかし、アウクスブルクも負けじと反撃。ルベン・バルガスが12分に同点弾を決めるが、ブレーメンは21分に再び勝ち越す。ジョシュ・サージェントが相手GKをかわしてゴールを決め、スコアは2−1となった。

 34分、シュテファン・リヒトシュタイナーが冷静さを失い2枚目のイエローカードを受け退場処分となった。数的優位となったブレーメンは1点のリードを守り抜きハーフタイムを迎える。

 後半が開始した46分、アウクスブルクはカウンターでブレーメンのゴールを責める。再びバルガスがゴールネットを揺らしてスコアは2−2となり、試合は振り出しに戻った。

 しかし、ブレーメンは再び勝ち越し点を奪う。67分、左サイドからのクロスに合わせた大迫は強力なボレーシュートを放ち決勝弾をマーク。そのまま1点を死守したブレーメンは3−2で勝利を収め、今シーズン初白星を挙げた。

 昨シーズンに並ぶ3点目を今節でマークした大迫はチームの勝利に大きく貢献。次節、ブレーメンはアウェイでウニオン・ベルリンと、アウクスブルクはホームでフランクフルトと対戦する。

【スコア】
ブレーメン 3−2 アウクスブルク

【得点者】
1−0 6分 大迫勇也(ブレーメン)
1−1 12分 ルベン・バルガス(アウクスブルク)
2−1 21分 ジョシュ・サージェント(ブレーメン)
2−2 46分 ルベン・バルガス(アウクスブルク)
3−2 67分 大迫勇也(ブレーメン)

関連記事(外部サイト)