ルカク、カリアリ戦で人種差別の対象に…過去にはキーンらも被害

ルカク、カリアリ戦で人種差別の対象に…過去にはキーンらも被害

カリアリ戦で人種差別の対象となったルカク [写真]=Getty Images

 1日に行われたセリエA第2節カリアリ対インテル戦で、インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクが人種差別の対象になった。1日、イギリスメディア『BBC』が報じた。

 1−1で迎えた72分にインテルはPKを獲得し、ルカクがキッカーを担当。その際、一部のカリアリサポーターが、黒人差別の際に用いられる「モンキーチャント(猿の鳴き声)」でルカクを揶揄していた。ルカクは動じず、PKに成功。この1点が決勝弾となって、インテルは開幕連勝スタートとなった。

 インテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルは、試合後に「それら(差別)はフットボールにあってはならない。しかし残念ながら、依然としてほとんどの場合に存在している」とコメント。不快感をあらわにした。

 また、インテルのアントニオ・コンテ監督は、「ベンチからは何も聞かなかったよ。しかし、一般的な話として、イタリアにはもっと教育・教養が必要なことは事実だ」と語り、ファンの質が改善されるべきだとした。

 カリアリのファンは過去にも人種差別問題が取り沙汰されてきた。昨シーズンのユヴェントス戦では、イタリア代表FWモイーズ・キーン(現エヴァートン)に対して人種差別的なヤジを飛ばしていた。昨年には、同じくユヴェントスのフランス代表MFブレーズ・マテュイディが差別の対象に。さらにその前年の2017年には、当時ペスカーラに所属していた元ガーナ代表MFサリー・ムンタリも、人種差別的なチャントの対象に。同選手はこれに反発し、自らピッチを後にしていた。

 しかしながら、被害が相次いでいるにも関わらず、カリアリに対して強い制裁が科されたことはない。セリエAやFIGC(イタリアサッカー協会)はこれまでの事例に関して、「主審がチャントを確認していない」や「差別を行ったのは観客の1%にも満たない人数」などの理由を制裁を科さない根拠としていた。

関連記事(外部サイト)