元日本代表GK松本暁司氏が死去…高校サッカー監督として3冠を達成

元サッカー日本代表の松本暁司氏が死去 浦和市立南高サッカー部監督として3冠を達成

記事まとめ

  • 元サッカー日本代表選手の松本暁司氏が、心臓疾患のため享年85歳で逝去した
  • 松本氏は埼玉県教育委員会時代にゴールキーパーとして国際Aマッチに1試合出場した
  • 引退後は浦和市立南高等学校サッカー部監督に就任し、高校サッカー史上初の3冠を達成

元日本代表GK松本暁司氏が死去…高校サッカー監督として3冠を達成

元日本代表GK松本暁司氏が死去…高校サッカー監督として3冠を達成

JFAが松本氏の訃報を伝えた [写真]=Getty Images

 元サッカー日本代表選手の松本暁司(まつもと・ぎょうじ)氏が2日午前0時38分、心臓疾患のためさいたま市内の病院で逝去した。享年85歳だった。3日、日本サッカー協会(JFA)が伝えている。

 浦和市出身の松本氏は、埼玉県教育委員会時代にゴールキーパーとして国際Aマッチに1試合出場。現役を引退してからは浦和市立南高等学校サッカー部の監督に就任し、1969年には高校サッカー史上初の3冠(高校選手権、高校総体、国体)を達成した。

 田嶋幸三JFA会長は今回の訃報に関して、以下のようにコメントを発表している。

「松本先生は、埼玉サッカーの黄金期を支え、浦和南高校のみならず、埼玉、そして日本の高校サッカー発展のために尽くされました。それは、多くの日本代表選手を輩出したという結果に表れていると思います。先生のサッカーに対する情熱から多くのことを学びました」

「サッカーを見る目、試合を読む力に卓越したものをお持ちで、私自身、選手や指導者として、また、日本サッカー協会を運営する上で多大なる影響を受けました。今の私があるのもひとえに先生の薫陶のお陰です。感謝の気持ちを言葉で言い尽くすことはできません。心からご冥福をお祈りいたします」

 なお、葬儀は8日に予定されている。
 

関連記事(外部サイト)